女性だけじゃない!男性にも更年期が?鬱やEDの原因にも

女性だけじゃない!男性にも更年期が?鬱やEDの原因にも

更年期障害と聞くと女性の閉経期に起こるものという認識をしている人もいるかもしれませんが、男性にも更年期障害は起こるということは、近年有名になってきていますね。

女性の更年期障害が女性ホルモンの減少、バランスの崩れ、主にエストロゲンの分泌が低下することによって起こるのに対して、男性の更年期障害も男性ホルモンであるテストステロンの分泌が低下することによって起こります。
テストステロンは、男性らしさの源となるホルモンで、男性らしい体型、筋肉の形成や男性機能、性的衝動に影響しますが、それだけでなく性格や仕事への取組み、人生にまでも大きく影響します。

男性は、テストステロンが減少すると肉体的にも精神的にも衰え、更年期の症状が現れます。
それではここで「男性の更年期」の主な症状を紹介します。

(1)性機能障害(性欲低下、勃起障害等)

(2)うつ症状(疲労感、不安感、睡眠障害等)

(3)循環器系症状(のぼせ、ほてり、動悸)

(4)感覚器系症状(頭痛、めまい、耳鳴り等)

(5)運動器系症状(肩こり、筋肉痛、関節痛)

(6)自律神経系症状(汗をかきやすい、口の中の渇き)

(7)消化器系症状(食欲不振、便通異常、腹痛)

(8)泌尿器系症状(昼間・夜間頻尿、残尿感、尿切れが悪い、尿の勢いの低下、会陰部不快感)

以上のような症状が出ていた場合は、男性の更年期の可能性が出てきますので注意しましょう。しかし、鬱の症状や、ED(勃起不全)等の症状があっても必ずしも男性の更年期症状とは限りませんので、早計な判断はせず、医師への相談をお勧めします。

昔と比べて格段に進歩している医療ですが、忙しい現代人にとっては病院に行くのが難しくなっている現状です。病院での診断、治療は最終手段という場合には、日常生活において行える対策が一番よい方法とも言えるでしょう。
そこで日常的に出来る「男性の更年期」の対策、予防法を紹介します。

(1)よく笑うようにし、家庭や仕事でストレスをためない

(2)体を鍛えるなど、日常的に運動をする

(3)ビールを大量に飲み過ぎない(ビールのホップに、"女性ホルモンに似た作用物質"が含まれているので注意!)

(4)タバコを吸わない(タバコ1本でペニスへの血行量が1/3に!)

(5)パートナーとセックスレスにならない

(6)男性機能がアップする栄養素を食事から摂取

これらを実践すれば、男性の更年期はかなり効果的に抑えられることでしょう。男性機能がアップする栄養素とはアルギニンや亜鉛、ビタミン類が重要となってくるので、カキや大豆、ウナギなどがお勧めです。ただし特定の栄養素を過度に摂ればいいというものではないのでバランスと大切にして食事に取り入れましょう。
最近何かと話題に上がる男性の更年期ですが、対策さえわかっていればほとんどの場合はならずにいられるので今からしっかり対策をしておきましょう。