ビタミンD欠乏とEDの関係!

ビタミンD欠乏とEDの関係!

EDの危険性はどんなものでも排除すべきだと思っている方は今すぐビタミンDを取りましょう。ビタミンDの不足によってEDになる可能性があがるという研究発表がされたのでご紹介します。

 ビタミンD不足が勃起不全(ED)のリスク因子になっている――そんな研究結果が、米メリーランド州ジョンズ・ホプキンス大学医学部のエリン・ミコス博士らの研究チームによって発表された。

 これまでの研究でビタミンD不足が糖尿病や高血圧、心血管疾患のリスク因子であると指摘されてきたが、EDとの関係を示す研究は初めて。

 研究は、米保健省が2001~2004年に実施した「米国全国健康・栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey)」から、20歳以上の健康な男性3486人のデータを抽出。EDのグループ(855人)とEDではないグループ(2631人)に分類し、それぞれの特徴と血中のビタミン濃度を計測した。

 その結果、EDのグループは喫煙習慣があり、年齢が高い人が多く、糖尿病の患者数がEDではないグループの約4倍、高血圧の患者数も約2倍となっていた。

 また、年齢や疾患、そのほかの条件などを調整し、血中のビタミンD濃度で比較すると、ビタミンD欠乏(20ナノグラム/ミリリットル以下)の人は、そうでない人に比べ、ED発症リスクが1.3倍となっていた。

 ただし、欧米は冬季の日照時間の短さから、日本よりもビタミン欠乏とみなす数値が高値に設定されている。国立健康・栄養研究所によると、日本では10 ng/mL以下がビタミンD欠乏状態としており、今回の発表内容が日本人にもそのまま当てはまるかは不明。

 発表は米フロリダ州オーランドで2015年11月7~11日に開催された米国心臓病協会学術集会(AHA2015)でおこなわれた。学会での発表は、学術誌に掲載されるまでは予備的な研究とみなされる。

いかがですか?ビタミンDを摂取すればすぐさまEDが治るというわけではありませんが、ビタミンDが欠乏していることでEDや他の生活習慣病を発症したりする可能性はグンと上がることがわかったと思います。しっかり栄養バランスの良い食生活を送るようにしましょう。
ビタミンDは日光浴をすることでも作られる栄養素ですが、日照時間が短くなる冬場は食品から取り入れないと欠乏してしまう場合もあります。
ビタミンDを多く含む食品はアンコウの肝やシラス、イワシ、サケなどの魚介類に多く含まれています。他にもキクラゲに多く含まれています。カルシウムの吸収に大きく関わるためとても重要な栄養素ですが過剰に摂取するとカルシウム血症などになる場合もあるので摂り過ぎに気を付けましょう。
もちろん一つの栄養素を摂るために偏った食事をしないように、バランスを大切にして栄養のある食事を摂りましょう。