女性が密かに抱えている性癖4選!

女性が密かに抱えている性癖4選!

優しくしては、嘘だった?!性癖は人それぞれです。みんな求める嗜好が違います。みんな違ってみんな良いみたいな感じです。
そこで今回は、女性が抱える密かな性癖を4つご紹介します!

1:犯してほしい

「ぼくの彼女は、興奮すると『もっと犯して』と言います。ぼくには彼女を犯しているつもりはまったくないので、ど~すればいいのか、すごく困ります」(27歳・電鉄)
取材をしていても「あたし、犯され願望があるの」と言う女子、ときどきいます。「犯す」という言葉の持つニュアンスがキツいからか、Webのコラムであまりこういうことは紹介されていませんが、彼氏に犯されるようにエッチしたいMの女子、けっこういるのではないでしょうか。

2:もっと痛くつねって!

「ぼくの彼女は、乳首を『痛いほどに』つねるか、噛むかしないと気持ちよくないそうですが、乳首がもげそうな気がして、すごく困ります」(26歳・出版)
ホントに乳首がもげてしまったら困りますもんね。

3:もっと叩いて!

「バックのとき、彼女は『もっとお尻を叩いてよ』と言いますが、もう十分赤くなってるんですよね……なんかこれ以上叩くと、彼女がかわいそうに思えて、すごく困ります」(25歳・広告)
真性のSとMのカップルならいざ知らず、ふつうの心優しい彼氏は「それなりに手加減しておかないと」と思っているでしょうから、こういうのも男子的には困るはずです。

4:もっと激しく突いて!

「もっと激しく突いてと言われても、なんか子宮が壊れそうだし、ちょっとどうしていいのか困りますね」(23歳・IT)
女子はときどき、子宮を突かれたら気持ちいいと言いますが、男子は子宮を持っていないので、どのへんに対してなにを、どのていどやってあげるといいのか、もう想像するしかないわけです。困りましたね……。

激しいエッチが好きな女性がいることはわかりましたが、とはいえ一般的には女性は優しくしてもらいたいとうのが多数派でありますので、相手の要望を聞いて合わせてあげるのが出来る男というものですねw
1人や2人くらいなら激しいプレイを望む女性に逢ったことがあるという男性も多いと思います。
もしもまだの人でこれから先、激しめ好きの女性に出逢ったら少しずつ反応を見ながら男の力を魅せつけてあげて下さい!