筋骨隆々!精力絶倫!テストステロンの分泌を促せ!

筋骨隆々!精力絶倫!テストステロンの分泌を促せ!

スポーツをよくする人は意識している人も多いと思いますが、精力増強にも大切なテストステロン。男性ホルモンの代表格であるテストステロンは、別名モテホルモンとも呼ばれていて、女性を惹きつける効果があるホルモンとしても有名です。
テストステロンが、不足すると意欲や集中力が低下していき、睡眠が浅く、性欲が衰え、朝勃ちもなくなってきます。脂肪がつきやすく、筋肉はつきにくく体型も衰えいきます。
不足して良いことは何もないテストステロンですが、一般的に30歳を境に徐々に体内での生成が減っていきます。かといってドーピングのような合成のホルモン剤なんか注射するわけにもいきません。
そこで、今回は体内でのテストステロンの分泌を促す方法をご紹介します。

1.ぐっすり眠ってストレス解消

十分に睡眠をとることで、疲労とストレスが解消され、テストステロン値が高くなるといわれています。どんなに仕事が忙しくても、短時間でも良質な睡眠がとれるような工夫を。就寝前にぬるめのお風呂に浸かると副交感神経が優位になり、熟睡しやすくなるとか

2.たんぱく質や亜鉛などを含む食事

たんぱく質はテストステロン生成と筋肉増加を促す栄養素。豆や鶏肉など、脂質を抑えつつたんぱく質を摂取できる食品がおすすめです。またタマネギやニンニクなど抗酸化作用の強い食品、スイカや冬瓜などシトルリンを含んだウリ類、亜鉛を多く含んだ牡蠣なども効果的なので、積極的に摂り入れてみましょう。

3.筋肉に刺激を与えるほどよい運動

運動で筋肉に刺激を与えると、テストステロン値が高くなるとの研究結果が。また、肥満になるとテストステロンが減少することから、ジョギングなどの有酸素運動も取り合わせれば効果的。ただしオーバートレーニングは逆効果。

4.友達と会ってリラックス。初めて会う人からは刺激を

気の置けない友だちと会い、いろいろ話したり悩みを相談することはストレス解消になり、テストステロン値の増加に一役買うでしょう。逆に初対面の人、異業種の人との出会いも刺激を与えてくれるのでテストステロン値を高める効果が。ワクワク感が長く持続する習い事などを始めてみてはどうでしょうか。

いかがでしたか?出来ていることもあるかもしれませんが、これがあくまでも基本なので、長く続けていくことが大切です。
テストステロンの分泌が促されれば、筋骨隆々、精力絶倫の若々しい肉体も可能となってきます。ホルモンバランスを意識していくことで、これからの体力に違いが出てきますので、是非テストステロンについて見直してみて下さい。