バイアグラは禁止すべきか?

バイアグラは禁止すべきか?WADAが検討

ED治療薬「バイアグラ」にスポーツでの競技力を向上させる効果はあるのか。 2008年、北京五輪を目前に、こんな議論が起こっていた。AP通信によると、世界反ドーピング機関(WADA)がバイアグラを禁止薬物リストに加えるかどうかの検討をしていたのだ。 ED治療薬には血管を拡張する効果があり、理論上はこれにより血液の酸素運搬が促進される可能性がある。また医者からは「より多くの酸素が筋肉に届けば、より多くのエネルギーが生まれる」と指摘。初期的な研究結果では、バイアグラを服用した自転車選手の競技力が約40%も向上した例があるという。 ただ、治療薬を健康な人が使った場合、正常な血管がさらに拡張するかなどの疑問もある。ある教授は「あくまで問題を修復するのがバイアグラの働きだ」とくぎを刺した。

専門家の間でも意見は分かれるkところだが、将来的に禁止薬物に指定された場合も選手には「治癒目的の特例」として使用が認められるケースもある。ただ事前の申請が必要となり「それはあまりにもばつが悪いだろう」と気遣う関係者もいる。

これはED治療薬を服用することによって心肺機能が向上し、運動のパフォーマンスが服用以前より上がってしまうためです。この点からも、ED治療薬に体全体を健康で元気にする効果があることがわかるでしょう。血管を健康にするということは、すなわち身体機能全般を活性化させるということなのです。